2017/06/25

買った: GPD Pocket

一部で大絶賛されたGPD WINに続き、UMPCとして大きく注目を集めたGPD Pocket。
Indiegogoでのファウンディングはわずか7時間で目標額を達成し、ほぼONスケジュールで予定通り6月中に手元に届いた。
箱を開けてみる。
はいはいさらにぱっかーん。
右が本体。左上がACアダプタで、左下がType-C = Type-CなUSBケーブル。
更に本体の下に取説とスクリーンプロテクタが同梱されていた。

取説は3ヶ国語で、ちゃんと日本語が入ってた。まぁ、取説つっても最低限のスペックとか外観の説明とかがあるだけだけど(笑)
ACアダプタはもちろん日本のプラグに対応してるんだけど、ちゃんとPSEマークも付いてる。

そして本体。



結構ピッタリ作ってある。
裏面手前部分。ちゃんと技適通過している。

とりあえず開いてみる。
かなりコンパクトでキーボードが変則。
まぁ、キーの変則性は前々から分かっていた話だし、それなりに使う人側の慣れを要求するものではあるけど、個人的にはフツーの文字入力の範囲ならなんとかなる感じはする。ただ記号類がそもそもどこに配置されているのかってキーもいくらかあるから、もう少し慣れは必要。

あと熱の事がいろいろ言われてて、まぁそりゃそこそこパワフルなものをこれだけコンパクトにしたら熱出るだろうって話だけど、すくなくともキーボード側はそれほど熱くならない感じ。背面はそこそこ熱くなる(そりゃまぁ使い方によるけど)んだけど、比較的放熱性は良いっぽく、サスペンドしてちょっと置いとくとすぐに冷える感じがする。
ただ、電源切るなりサスペンドするなりした状態で充電すると、まぁ、充電してる間熱くなるのは分かるんだけど、もう満充電になってるはずの時間帯でもやっぱり熱をもったまま。もしかしたら満充電になっても自動では充電回路切らないのかな?なんか注意が必要なのかも。

それから、あちこちで初期不良の話が出ていて、キーボード周りとか「蓋を閉じかけるとスリープするけど完全に閉じると起きる」みたいな現象が多数報告されてるけど、比較的当たりを引いたらしくとりあえず大丈夫っぽい。
記事にはしなかったけどこれ系はその前に買ったAzpen A1160(RemixOS)がキーボードトラブルで返金になったところなので、まぁその分ツイてたってことなのかな(笑)

さて、全体的にはいい感じなんだけど、起動の時のBusy Indicator(正しい名称はしらないけど、ぐるぐる回る輪っか)が画面右側に出てくる。普通のWindowsだと下だよね?
という前フリをしておいて、とりあえずGPD WINの方でも話題になってたと思ったんだけど、基本このデバイスのディスプレイは「縦長」方向がデフォルトっぽい(タブレット系のデバイスの流用なんだとか)。

なので、BIOS画面はこんな風になる。
上の起動の時のロゴは、無理やり横向きのロゴを表示させているだけっぽい。

なので、購入後初回のセットアップの時はちゃんと横向き画面で操作できるんだけど、一旦リセットすると縦画面でのセットアップを余儀なくされる(笑)
ポインタの向きが90度ズレるからマウスカーソルを使う時に若干困るんだけど、まぁ、タッチパネルが効くし、スクリーンキーボードも使えるから、縦に持ってタブレット風にセットアップを進めてもいいのかもしれない(笑)
セットアップし終わっても画面は勝手に回転してくれないので、最終起動後に「Windowsの設定→システム→ディスプレイ」のところから画面の「向き」を設定する必要がある。

とまぁ、とりあえず一晩イジったところなんだけど・・・
比較的作りは悪くない(ガタがあるとかそういうこともない)感じだし、このサイズ感のマシンとしてはパワーもある方だと思うし、とりあえずしばらく持ち歩いてあげようと思う。いずれ情報が揃ったらOSは入れ替えちゃうかもだけどw

あ、でも一つだけ罠が待っていて、付属のスクリーンプロテクタ、「1(リア側)」と「2(フロント側)」の表示が間違ってて、「1剥がして・・・画面に張り付けて・・・あれれ???」ってなった(笑)

あ、そうそう、スクリーンプロテクタで思い出した。
まぁ、見れば分かるんだけど、上の方が角のRが大きい。画面に合わせてみれば分かる話なんだけど、上下にはご注意を。

さて、どこに持っていこうかな。

2017/03/26

Jolla: Firmware Update 2.1.0.10 (Early access update)

最近ちょっぴり仕事が忙しくて全然書けてないんだけど、まぁ、そもそもはりきらないのがテーマだからいいよね(笑)
[release notes] 2.1.0/Iijoki
カメラ周り(camera tickingって何?)と、CalDAV同期周りの問題の修正版、ということらしい。

正式リリースはもうちょっと先なのかなぁ?
今回のアップデートでVPNがサポートされててOpenVPNとかが使えるようになってるんだけど、手持ちの機材から言えばPPTPがサポートされて欲しいところなんだよなー・・・
まぁ、セキュリティ的にはどーなんだって話もあるけど、そういう意味ではL2TP/IPsecとかもサポートされて欲しいところだよねぇ。

この間のMWC2017でXperia Xのサポートが発表されたし、多分いろいろと忙しいんだと思うけど、Jollaには期待してるので頑張って欲しいなぁw

2017/02/19

買った: ひらくPCバッグmini

いろいろ悩んだ挙句買ってしまった。
ひらくPCバッグmini(ミニ) 「ペン立て」みたいなPCバッグ
写真の通り全体のフォルムとして二等辺三角形になっていて、安定して立てていられる。ペン立てのようにテーブルの上に立てていろいろ出し入れしながら使うのをイメージしているらしい。

これまでPCの持ち歩きにはLIHIT LABのキャリングトートMANHATTAN PASSAGEのPCインナーバッグ13を使っていて、これはこれで気に入って使ってたんだけど、このひらくPCバッグminiだとPCを縦に入れるので横幅が狭くなるから身体にフィットしやすくなって歩きやすい。
ただ持ち手っぽいのはあるんだけど基本的に手持ちで歩くスタイルにはならないから、肩が疲れた時に持ち替えるってのはできない。反対の肩にかけ替えればいいんだろうけど、今の時期みたいにコート着たりしてるとちょっとやりづらい。
まぁ、メリット/デメリットはあるよね・・・でも全体的には満足してる。

売り文句的には「MacBookの13インチがスッポリ」という話になっていて、おいらのはX1 Carbon(14インチ)はカバンのスペック上の内寸では入るはずだけど・・・って状態だったんだけど、ネットで「一応入るよ?」っていう情報を見たこともあって購入してしまった。

一段目まで開けてみる。
確かにX1 Carbonギリで入ってるww
PCの出し入れだけならこの状態で可能。

全部開けてみる。
下の方に入れてあるものが見える状態になる。
ちょうどJolla CとJolla Tabletがスッポリ収まっている(笑)
今は従来使ってた「」を入れてるけど、この状態で小物を出し入れできる収納をちょっと考えないとなー・・・

なんにせよ、とりあえずいい感じ。
うまいこと手前の収納のところに必要なものが収まるようになったら、通勤もこれでいいかなーと思ったりした。
ちょこっといろいろ探すかな・・・

2017/02/09

Jolla: Firmware Update 2.1.0.9 (Early access update)

「リリースの間隔をもちょっと早めるよ」と言っておきながら遅いじゃーんと思ったけど、時間がかかっただけあって結構盛りだくさんなリリースになった感じ。
[release note] 2.1.0/Iijoki
今回も沢山のバグフィックス、機能追加があって書ききれないから詳細はRelease Note見て欲しいけど(←手抜き)、特筆すべきはこのリリースでQt 5.6.0ベースになったってところじゃなかろうか。
Qt 5.6.0はQtの中でもLTS(Long Term Support) Versionに位置づけられてるものになってて、Jolla(というかSailfishOS)としてもこれをベースにしておくことでいろいろと対応面でメリットが大きいだろうと思う。

あとはVPNの対応やBluetooth周りの改善とか、まぁ見た目の部分では大きな「様変わり」はないけど細かくきちんと対応されていて、SailfishOSのある種の「筋の良さ」みたいなのが見える気がする。

最近FOSDEM 2017の中で行われたSailfish OS Open Source Collaboration Meetingの中でも次期SailfishOSデバイスが出るっぽい話が出ているし、リリースノートの中でもaarch64の文字があちこちで踊っているので、もしかしたら新デバイスは・・・みたいな期待も持たれてる感じなので、ぜひぜひこれからもJollaにはがんばって欲しいところなのだ!

そして・・・今年はあんまりあれこれ買わないつもりだったけど、散財のネタが増えたなぁ・・・ww

2017/01/12

Qiitaはじめました(?)

まぁ別にわざわざ書いてアピールする程の話でもなかったりするんだけど・・・

もともとそんなに風呂敷を広げるつもりもなくて始めたブログだったから雑多にいろいろなネタをこのブログに書いてた訳なんだけど、一昨年辺りにビールネタを別ブログにしたし、去年のQt Advent Calendarの投稿をQiitaにしたのをキッカケにプログラミングネタ(って言っても年に数回書くか書かないかぐらいだったけど)を今後できるだけQiitaで書こうかなーって感じにしてみた。

http://qiita.com/helicalgear

まぁ、Sailfishに特化したような話は引き続きこっちに書くと思うけど・・・

というワケで、突然思いついたように昨日辺り続けて2本ほど投稿してみたりした。


ということで、このブログを読んでくれてる奇特な人たちはコッチの方もよろしくね(はーと)

2017/01/03

明けました!2017年!

明けました。

ま、例年通りはりきらない程度にぼちぼちやっていこう。

年末年始はQippisのちょっとした手当てと次のアプリをちょっと考えてるんだけど、qmakeの使い方でいきなり四苦八苦してる。どうしたものやら・・・

で、例年通り箱根を(テレビでだけど)見た。
青山学園大学、3連覇おめでとう!!
なんていうか、チームの勢いとしては前回大会の方が上だった感じがするし、実際往路優勝したとはいえ2位早稲田との差は33秒差、区間賞も3区のみという結果で「総合優勝はまだ判らない」という感じに見えた。
復路も区間賞取ったのは8区のみで、やっぱり前回と比べるとそこまで圧倒的には見えず、7区では田村選手が体調不良から脱水症状を起こして残り5km大減速・・・だったにもかかわらず、終わってみれば2位東洋に7分以上の差をつけて復路&総合優勝をさらって行った。鶴見中継所の時点でもはや「盤石の体制」とも言える感じだった。
もちろん、各区間の選手達の走りは輝いていて、往路2区、復路は7区に多少の不調があったものの、全体的には「王者青学」のレース展開だった。
解説をしていた元早稲田監督の渡辺氏も言ってたけど、他にも必ずしも万全とは言えない体調の選手がいて、それでも勝ちきれるチーム、そういうチームを作った監督、素晴らしい。今シーズンは箱根以外も全日本、出雲を制して3冠&3連覇という偉業を成し遂げたとか。青山学院大学、本当におめでとう!

そして今年は全体的に接戦で、復路の繰り上げ一斉スタートは5校。つまりシード権争いが秒差の接戦!!めまぐるしく順位が変動する熱い展開で、各校シード権はもちろん、一つでも順位を上にと最後まで走り切った。シード権獲得校は本当におめでとう!そして20校+学連選抜すべてのチームが完走できて本当に良かった!

その他にも沢山ドラマがあって書ききれないけど、今年も20校+学連選抜の選手のみなさん、および大会スタッフのみなさん、今年も本当におつかれさまでした(ぺこり)。

つーワケで、今年も箱根が終わった。
去年は端末たくさん買ったから今年も自分へのお年玉は控える感じ。年末に届いたapzen HYBRX A1160はブログの後にキーボードに不良があることがわかったから問い合わせ入れてるんだけど、とりあえずこれ直してもらう交渉が今年のスタートだろうか・・・あと2つ3つ投資してるから、今年はとりあえず新しいの買わずにその辺りで遊ぶ方向で。
(とはいえ、GPD WINはちょっと欲しかったりするけど・・・)

という事で、2017年もよろしくです。